痛みの原因を考える重要性 2)

首の痛みや肩こり、腰痛で悩む人は多い。

「首の痛みや肩こり」は70の人が、

「腰痛」は80の人が一生のうち一度は経験する。

といった調査結果もあるそうだ。

 

なぜ痛みが出るのか?

 

最近、テレビや新聞などでもよく耳にするが、

ストレスや疲労による影響であったり、

姿勢による影響だ。

 

個人的には「普段の姿勢」を少し意識するだけで

首の痛みや肩こり、腰痛は改善・予防できるのではないかと思う。

 

私はほぼ毎日車に乗るので、赤信号で止まっている時に

走っている他の車をじっと見ている。

 

私は見ているのは、車を運転しているドライバーの姿勢だ。

 

最近の車のシートは、快適な姿勢で運転できるように

研究されている。

 

ただ、車のシートにしっかりと体を預けて

「きれいな姿勢」で運転している人などほぼ見かけない

 

私も含め、ヘッドレストから後頭部は離れ、少しアゴを突き出し、

軽く背中を丸めて運転している人がほとんどだ。

 

例えば、何気なくしているこのような姿勢は、

首や腰に大きな負担をかけている。

 

頭の重さは、体重の 8分の1 程度と言われている。

体重が60kgの人は、頭の重さは7.5kgという計算だ。

 

こんなに重たい頭が体の一番上に乗っているのだから、

この頭が首より前に位置すればするほど、その時間が長いほど

首や肩、背中、腰に負担がかかるのは容易に想像がつくと思う。

 

車の運転

デスクワーク

携帯やスマートフォンの操作

 

頭の位置だけに注目しても

解剖学的に正しいと考えられている頭の位置から

かなり前方に位置する姿勢を毎日ほとんど意識することなく

とってしまっているものだ。

 

人によって「良い姿勢」は異なる。

しかも「良い姿勢」を取り続けることは難しい。

 

私も仕事中は、ほとんど前かがみの首や腰にとても負担がかかる姿勢を

とっている。

 

そのため定期的に負担がかかる姿勢を30分に1回は中断し、

私にとって良好な姿勢を10秒程取るようにしている。

 

例えば、車をよく運転する機会のある人は、

赤信号で停車するたびに

後頭部をヘッドレストに体をシートに押し付けるようにして

ゆっくりと背伸びをする習慣をつけてみてはどうかと思う。

 

普段の自分の姿勢が良くないことに気付くきっかけになるかもしれない。

 

姿勢を定期的に意識することは、

首の痛みや肩こり、腰痛を改善することにも予防することにもつながる。

 

自分にとっての「良い姿勢」や自分に必要な「エクササイズ」を知りたい人には

「マッケンジーエクササイズ」がおすすめだ。

 

私も治療家として「マッケンジー法」を学ぶようになってからは、

首の痛みや肩こり、腰痛を感じなくなった。

 

自分で自分の身体を管理することの大切さを理解していただけると思う。

関連記事

テーマ : 心と身体のケアを大切に!
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

私も何故痛みが来るのか分からず悩んでいます

私も肩こりで、そもそもなぜ痛みが来るのだろうと考えていました。いろんなものを試しているところです。私も姿勢が原因ではないだろうかと考えていますが、そもそも痛みとはなんだろうかと考えていますが・・・わかりません。色々とお教えください!これからもよろしくお願いします。

Re: 私も何故痛みが来るのか分からず悩んでいます

コメントありがとうございます。
医学や科学が大きな進歩を遂げても「肩こり」や「腰痛」で悩む人は増加傾向にあると言われています。
痛みに対しては様々な治療法や対処法があります。
その中でも私は、「治してもらう治療」ではなく「自分で管理する」ことが「肩こり」や「腰痛」に対しては非常に重要であり効果的であると考えています。
「痛みの原因を自分なりに考えること」も痛みを自分で管理するうえで重要なプロセスと言えます。
医師をはじめとする専門家に依存するのではなく、「効果的に利用」していただければと思います。
こちらこそ今後ともよろしくお願いします。(^^ゞ

勉強になります

管理がとても大事ですね。

これからも、ブログをチェックさせていただき、
勉強させていただきます

今後とも宜しくお願いします。


患者さんご自身が病気に対して積極的に
ご自分のできることをするということで言いますと、
私はよくこういうお話を患者さんにします。


病気が治る要素は、もともと患者さんが持っている「治癒力」、
それから、患者さんが治そうとする「気持ち」
そして、最後は、「治療家の技術」と言われています。
その三つのどれがかけても病気は思うように改善しません。
治療家がかかわれるのは、ほんの三分の一なんですよ。
三分の二は、「治癒力」と「治そうとする気持ち」ですよ。



とお話します。



治そうとする気持ちがあれば、患者さんご自身が
日常の管理をご自分からやりますよね。


今後とも宜しくお願いします。

Re: 勉強になります

治療家の方でしたか!

そうとも知らず失礼なコメントお許しください。

こちらこそ色々とお教えいただければと思います。

今後ともよろしくお願いします!
プロフィール

つじもと鍼灸院

辻本 友樹(Tomoki Tsujimoto)
◇はり師、きゅう師
◇理学療法士
◇社会福祉士
◇1級電磁波測定士 等
神戸で出張治療に特化した
鍼灸院をしています。
よろしくお願いします!

ホームページはこちらから!


つじもと鍼灸院

ARTs Health Support

最新記事
カテゴリ
つじもと ネットショップ
つじもと鍼灸院 ネットショップ

自分でできる!

☆安産の灸セット
☆耳ツボセット
お求めはこちらから
↓↓↓

つじもと鍼灸院

書籍の案内
メールフォーム
ご意見、ご感想などを入力し[確認]ボタンを押して下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
人気ブログランキング