FC2ブログ

「波動」とは何か?

先日、大慈智音園の坂本施設長に体験していただいた
ニュースキャンによる波動調整セラピー。

体験していただいた日の夜からずっと続いていた咳が出なくなったと嬉しい報告をいただきました。

Facebookに投稿していただいたので、ニュースキャンによる波動調整セラピーに興味を持って下さった方から色々とご質問をいただいています。
ありがとうございます。

日本では「波動」と言われても、宇宙戦艦ヤマトの波動砲やドラゴンボールのかめはめ波のようなものを想像してしまうかもしれません。

しかし、ドイツやロシア、アメリカなどでは1970年代から量子物理学や東洋医学の理論を取り入れた振動医学、波動医学として研究されているそうです。

この世の全ての物質は固有の振動を持っており、人間の細胞や組織、器官にも固有の振動があります。

この振動は周波数として数値化されています。

同じ周波数の振動は共鳴し、波のように伝播します。
これが「波動」です。

波動は「場」を作り出す性質があり、身体を包み込んでいるものを「オーラ」と呼んだりします。

人間の場合、性別や年齢、人種、健康状態などによって波動の周波(揺れ方)が変化するそうです。

波動の周波が正常な状態から乱れると、

生命エネルギー(経絡と氣)の流れが乱され、
様々な不調や症状、病気となって表れる。

という考え方があり、波動医学や東洋医学について学ぶと「なるほど!」と納得することが多々あります。

ニュースキャンは、現在の波動の状態を1~9Hzの超低周波音によって測定し、膨大な波動のデータと照合します。

波動の乱れている部位に模倣周波数と呼ばれる正常な波動を共鳴させることによって波動を整える(セラピーする)ことができます。

身体の波動が正常になると、生命エネルギー(経絡と氣)の流れが整えられ、様々な不調や症状、病気が自ずと改善される状態になる・・・ でしょう!

という考え方です。


重要なのは、ニュースキャンで波動を調整したら大丈夫!ということではなく、

自分を悩ませる不調や症状、病気を「波動」という視点から考えた場合に、日常生活の何が「波動」を乱す要因になっているのかを把握し、対策していくことです。

波動を乱す要因として、例えば、
・紫外線や放射線
・薬剤や有害化学物質
・ウイルスやバクテリアなどの病原性微生物
・食品添加物
・ニコチン、タール、アルコールなど
・アレルゲンとなる花粉やハウスダスト
・酸とアルカリのバランスの乱れ
・電磁波
・精神的なストレス
・他人による憎しみや怒りの感情を受けること
・地下水脈、断層などジオパシックストレス

などなど上げればきりがありません。

ニュースキャンで波動調整しても、
日常生活で波動を乱す要因の改善ができていなければ、
結局、
ニュースキャンの効果がほとんど感じられないか、
効果を感じられたとしてもいずれ元の状態に戻ってしまいます。

ニュースキャンによる「波動調整」に加えて、

・波動を乱す要因の分析と対策

・「経絡と氣」の調整

を中心に助言、指導させていただくことで「健康の自己管理」のお手伝いが効果的にできると考えています。

ご質問などございましたらお気軽にお問い合わせください。
関連記事
プロフィール

つじもと鍼灸院


辻本 友樹
(Tomoki Tsujimoto)

◎つじもと鍼灸院(2008年~)
◎GKアスリー(2017年~)

◇はり師、きゅう師
◇理学療法士
◇社会福祉士
◇1級電磁波測定士 等

My LifeWorks
☆アドラー心理学
☆麻
☆合氣道
☆マッケンジー法

よろしくお願いします!

つじもと鍼灸院
ホームページはこちらから!


GKアスリー
ホームページはこちらから!


GKアスリーLINE@
友だちだけの特典あります!
是非ご登録ください♪

友だち追加
最新記事
カテゴリ
書籍の案内
メールフォーム
ご意見、ご感想などを入力し[確認]ボタンを押して下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
人気ブログランキング