FC2ブログ

ロコモティブシンドローム

「ロコモティブシンドローム」(以下、「ロコモ」と略す)とは、
運動器症候群とも呼ばれ、骨や筋肉、関節などの運動器が弱くなり、「立つ」、「歩く」といった日常生活に必要な動作が難しくなり、介護が必要な状態や、将来、要介護やその予備軍になる危険が高い状態をいう。

ロコモ予防は2007年から、日本整形外科学会が提唱した。
「要介護」や「要支援」になる原因の約4分の1が運動器の障害によるもので、骨折などが一度完治しても、意識して予防(運動)に取り組まないと「ロコモ」となる可能性が非常に高くなる。

ロコモの判定(ロコチェック)には、以下の7つの項目が目安になる。

①片脚立ちで靴下がはけない。

②家の中でつまずいたり、滑ったりする。

③階段を昇るのに手すりが必要。

④横断歩道を青信号で渡りきれない。

⑤15分程続けて歩けない。

⑥2kg程度(1リットルの牛乳2本)の買い物をして持ち帰るのが困難。

⑦掃除機の使用や布団の上げ下ろしなど、やや重い家事を行うのが困難。

以上の項目のうち、1つでも当てはまるとロコモの疑いがある。
そんな時は、整形外科医をはじめ医師に相談し、適切な指導を受けることも重要だ。
 
ロコモを予防したい人や運動器に衰えがある人には、「ロコトレ」を継続的に続けることが勧められる。
代表的なロコトレは以下の2つ。

一つは、「片脚立ち」
床につかない程度に片脚を上げる。
左右1分間ずつ、1日3回を目安に行う。
※ふらついて転倒しないよう、すぐに手がつける机やテーブルの横で行うこと。

もう一つは、「スクワット」
両足を肩幅より少し広めに開き、体重が足の裏の中心にかかるように意識して
お尻をゆっくりと下ろし、ゆっくりと上げる。
深呼吸をしながら5~6回、1日3回を目安に行う。
※転倒しないよう注意して、椅子の前で行う。机やテーブルに両手をついて行ってもよい。
※膝を90度以上深く曲げず、お尻を下ろし過ぎない。

いずれも「無理をせず、自分のペースで行う」ことが大切だ。

ロコトレを続けることで、足腰の筋肉を鍛え、膝などの関節にかかる負担を減らすことができる。
また、骨にも適度な負荷がかかるため、骨粗鬆症の予防にもつながる。

「年だからもう仕方ない・・・」とあきらめるのではなく、
ロコトレを健康増進、介護予防の一つとして取り入れてみてはどうだろうか。


「ロコモ」「ロコトレ」について興味がある方は、
日本整形外科学会のホームページで詳しく説明されています。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

つじもと鍼灸院


辻本 友樹
(Tomoki Tsujimoto)

◎つじもと鍼灸院(2008年~)
◎GKアスリー(2017年~)

◇はり師、きゅう師
◇理学療法士
◇社会福祉士
◇1級電磁波測定士 等

My LifeWorks
☆アドラー心理学
☆麻
☆合氣道
☆マッケンジー法

よろしくお願いします!

つじもと鍼灸院
ホームページはこちらから!


GKアスリー
ホームページはこちらから!


GKアスリーLINE@
友だちだけの特典あります!
是非ご登録ください♪

友だち追加
最新記事
カテゴリ
書籍の案内
メールフォーム
ご意見、ご感想などを入力し[確認]ボタンを押して下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
人気ブログランキング